主催企画『北海道短編エンゲキ祭'18〜明日、あの子が会いに来る〜』


  

 

 今まで各地で旅公演を行ってきた劇団fireworksならではの、北海道短編エンゲキ祭が今年の春にも再び!

 札幌のみならず道内各地+今年はなんと青森からも!「縁」あってこの「演」ゲキ祭に集まっていただいた計12団体は、ジャンルも年齢層もさまざま。

 道内のあちこちで勢力的に活動する団体を、札幌で一気に観られるのはここだけのチャンスです!

 

 

◆『北海道短編エンゲキ祭‘18 ~明日、あの子が会いに来る~』◆

 

 主催:劇団fireworks

 共催:NPO法人コンカリーニョ

 

 

【出演団体 ※順不同】

  

《札幌市内》

 1. きっとろんどん

  『宅飲み』〈5日14時・6日14時〉

  

  脚本演出/井上悠介

  出演/山科連太郎・久保章太・リンノスケ・井上悠介

  

  男四人が集まって宅飲みをする話。

 

  

 2. 劇団かい

  『サロメ』〈4日17時・4日14時〉

  

  原作/オスカー・ワイルド

  訳/平野啓一郎

  潤色・演出/甲斐大輔

  出演/甲斐大輔・赤川詩織・谷詰翔太・古井敬大 ほか

  

  月の光の中、ヘロデ王の御前で舞を見せた王女サロメが褒美に求めたものは、美しき預言者ヨカナーンの首だった。

  ――少女の無垢で残酷な激情と悲劇的結末を演劇とダンスのコラボレーションで鮮烈に描きます。

 

 

 3. 劇団ひまわり(あづき398/なちゅら) 

  あづき398『ジャガイモの実る星で』〈5日17時〉

  

  脚本演出/田中雪葉

  出演/成田愛花・中野葉月・田中雪葉

  

  出発からXX年経過。間もなく地球に到着する。

  地球侵略計画は順調である。

  地球人を皆洗脳し、我々の支配下に置く。

  そして大きなエネルギーを手に入れる。

  これは未来への大きな一歩である。

  

  C6H1005型「i-mo」より。マイムマイム。

  

  

  なちゅら『いえるは』〈6日14時〉

   

  脚本演出/さわさとゆきこ

  出演/太田有香・澤里有紀子・野崎優美

  

  高級感のある夜景のきれいなバー。探偵は、いない。

  現れた二人の女は、四十の手習いで始めた日本舞踊の稽古場の仲間同士。師匠しのぶの誕生会にいいのではないかと、下見に来たのだ。

  心づくしの接客を受け、いよいよ店は決まりそうである……。

 

 

 4. トランク機械シアター

  『R』〈4日17時・20時〉

  

  脚本演出/立川佳吾

  出演/縣梨恵・後藤カツキ

 

  劇団初の大人のためのトランク機械シアター作品。

  オブジェクトシアター「R』

 

  ヒロちゃんは、ユウコと一緒に生活している。

  ごはんを食べて、お話しをして、ダンスも踊る。

  ヒロちゃんは、ユウコと一緒に

  こんな風に、暮らしたかったんだ。

 

  1組の男女の、後悔の物語。

 

 

 5. ミュージカルユニットもえぎ色

  『地球ドレミファソラシド祭』〈4日17時・5日17時〉

 

  脚本演出/光燿萌希

  出演/恒本礼透・宮永麻衣・大野杏果・かとうめいこ・西村海羽・唯斗・木村幸恵・aya・横山知里・涼香・穂井田夕奈・左海千優・左海夢依・加藤博士・田村咲樹

  

  100年に一度の、宇宙人と地球人との交流を深める為の祭『地球ドレミファソラシド祭』

  今回の祭りも楽しみに、意気揚々と地球に降り立つ宇宙人。

  その頃、地球人は神妙な面持ちで会場に向かい口を開く。

  「皆さん、このお祭り…絶対に盛り上がらないでください」

  会場巻き込み型のもえぎ色ミュージカル!皆さんは宇宙人派?地球人派?

  宇宙人と地球人は絆を深められるのか!

  全てはあなたの手にかかっているかもしれない!

 

 

 6. わんわんズ

  『もじゃキング』〈4日20時・6日17時〉

 

  脚本/石川哲也

  演出/田中春彦

  出演/石川哲也・由村鯨太・田中春彦・長流3平・松田優哉・花田慧・丹生尋基

 

  一見平和に見える、人間界。

  しかしながら、実は人々の知らないところで少しずつ、アクの秘密組織『ワルワルーズ』の侵略を受けていた……!

  そこに立ちあがったのが、もじゃもじゃ界からやってきたヒーロー、『もじゃキング』。

  時に人間たちの助けを借りながら、もじゃキングは今日も、陰ながら人間界の平和を守っているのだ!!

 

 

 7. Gパンチ

  『ツアー』〈4日20時・6日17時〉

  

  脚本演出/望月りんたろう(カンガルーパンチ)

  出演/上松遼平・木村歩未(劇団fireworks)・桐原直幸・伊達昌俊(クラアク芸術堂/Gフランケン)

 

  旅にはトラブルがつきものだ。それが初めての海外ならいったい何が起きるだろうか。

  それならば、ひとりではなくみんなで行こう。男4人野郎旅。きっと楽しい。

  トラブルも乗り切れるだろう。その国の景色、料理、お酒、女の子。楽しみだ。

  よし、空港に着いた。集合場所は2階ロビー。キャリーケースを転がして。

  微笑みの国、タイ。旅にはトラブルがつきものだ。

 

 

《札幌市外》

  8.  演劇集団:森組(滝川)

  『旭警部の苦悩』〈5日14時・17時〉

 

  脚本/渡辺かずのぶ

  演出/森昌之

  出演/渋谷沙里・三ヶ山和樹・吉田卓

 

  パンツ泥棒の容疑で逮捕された若宮容疑者を取り調べるのは、出世を夢見る旭警部。

  素直に罪を認める若宮容疑者に簡単に罪を認めてはいけないと必死に諭すが、これには世間に知られてはいけない意外な理由があったのだ。

  とある警察署の取調室を舞台に繰り広げられるドタバタコメディ。書記の八橋巡査を交えて物語は進行する。

  旭警部の苦悩とはいったい何なのか?3人の人生はどう転がってくのか?

 

 

  9.  演劇ユニット41×46(函館) 

  『シャイネス』〈4日17時・5日14時〉

  

  脚本演出/館宗武

  出演/庭田育美・柳木斎希・梅木彩羽・小笠原咲希(劇団bab)・もときち・佐藤みほ・神弥生・石川マサツグ

 

  脇役、その他大勢、存在感がない……。

  極度の人見知りであるわたしの日常には、ドラマチックな出来事など起きるはずもなく、いつも他人の人生の傍観者。

  わたしから見える世界、わたしに聞こえる声。そして、わたしの中のわたし。

 

 

 10. 空間シアターアクセプ(青森) 

  『青森カナブン』〈4日17時・20時〉

 

  脚本演出/田邉克彦

  出演/小笠原真理子・永井浩仁・葛西大志 ほか

 

  青森市のとある地域。

  そこに、通称“青森カナブン”と呼ばれる建物がヒッソリと建っている。

  青森空襲も免れたこの建物には、昔から奇妙な話が後を絶たない。

  その話を検証すべく、何人もの人間が訪れたが、誰も帰ってこなかった……。

  “青森カナブン”に秘められた謎とは?

 

  そして、今日もまた……。

 

 

 11. 絆花(恵庭)

  『絆花〜中山久蔵翁物語〜』〈5日17時・6日14時〉

  

  脚本演出/山口龍二

  出演/相河ひより・朝戸彩水・朝戸菜月・稲垣穂香・江刺花・江刺明・大角穂・尾谷紗千華・嘉屋友梨花・工藤早苗・立川茉奈・津崎青空・徳満啓太・長谷川陽菜・百武愛佳・松原理奈・行澤菜々香

  

  時は明治初期、北海道では不可能とされていた稲作に挑み、見事成功させた初老の男がいた。

  その男は、「百万石の米をつくる」という次なる夢へと歩み出したが、次から次へと彼の目の前に立ちはだかる試練に、稲作の普及は無理だと思われた・・・。

 彼自身もあきらめかけたが、思いとどまり再び夢への道を歩み始めた。

 自分の事より、まわりの幸せを願い、夢を追い続けた男「中山久蔵」の生涯をかけた戦いの結末はいかに!?

 

    

 12. 蘭越演劇実験室(蘭越) 

  『グリーンティ或いは、4つめの軸に関する物語』〈6日14時・17時〉

 

  脚本演出/渡辺たけし

  出演/下島綾子・中西勇気・松田祥子・高丸真菜

 

  昨日と今日。現実と虚像。生と死。オセロの白と黒。

  3本目の軸と交差する4本目の軸を探す旅でしか、

  相反するベクトルを結びつける術は見つからないのかもしれない。

  そんなことを考える午後に、あの人と飲むお茶はどんな味がするのだろう。

 

    

【日時】

 5月4日(金祝)  17:00〈4・5・9・10〉/ 20:00 〈4・6・7・10〉

    5日(土)   14:00 〈1・2・8・9〉 / 17:00 〈3-①・5・8・11〉

    6日(日)   14:00 〈1・3-②・11・12〉/ 17:00 〈2・6・7・12〉

  

 ※各回毎に上演団体の組み合わせが異なります。

 ※開場は開演の30分前となります。

 

 ※開演10分前より、劇団fireworksによるOPアクト『明日、あの子に会いに行く』短縮バージョンを上演いたします。

 

 《脚本・演出》

  米沢春花

 

 《出演》

   和泉諒

   小川しおり

  ★橋田恵利香〈4日20時のみ〉/木村歩未

  ★米沢春花〈5日17時・6日17時のみ〉/有田哲(クラアク芸術堂)

  

   〈★印はダブルキャストとなります〉

 

 《楽曲制作・演奏》

  山崎耕佑

   

  

【会場】

 生活支援型文化施設コンカリーニョ

 (北海道札幌市西区八軒1条西1−2 ザ・タワープレイス1F)

 

 

【料金】

 ◆1ブロック券 

  [前売]一般 1500円

      中・高・大学生 1000円

      小学生 500円  

  

  [当日]各500円増し

  

 ◆1日通し券

  [前売]大人 2000円

      中・高・大学生 1500円

      小学生 500円

   

  [当日]各500円増し

  

 ◆見放題券(どの日程、ブロックも見放題!30枚限定!)

  一般・学生一律 3000円 ※要メール予約

  

  ※全て未就学児無料(要予約)

  

【お問い合わせ】

 NPO法人コンカリーニョ

 011-615-4859

 ticket@concarino.or.jp